Blog

おもしろい人は顔も白い(^.^)

2017/09/02 【衣裳 (costume)】 ウェディングプランナー

こんにちは☆

 

9月に入りましたね!

9月っていうと、個人的に響きでは秋を感じるのですが

さすがに上旬となるとまだまだ暑いですね・・・普通に夏・・・(@_@;)笑

秋の調べが待ち遠しい今日この頃ですね、ホント☆彡

 

さて今回の「結婚式の基礎知識、教えてー!!」は

先月から引き続き、衣装についてです♪

 

しかし!!

今月は日本古来の衣装である「和装」を

ご紹介したいと思います☆

 

 

 

和装の花嫁衣装というのは、打掛と呼ばれる羽織って着る着物と、

振り袖のように帯を締めて着る着物の二種類に分かれてきます。

 

 

その中で、最も格式が高い和装衣装と言われているのが白無垢になります。

白無垢は挙式の時にだけ許されており、邪気をはらい神聖な儀式に臨むという意識を

表した衣装となっております。

打掛部分はもちろんのこと、その下に着る掛下や小物類も全て白色で

統一することで、穢れのなさを表しています。

 

 

伝統的なスタイルの白無垢ですが、最近は生地の色みや柄などで

変化をつけるのが人気ですね☆

白一色の衣装も、柄や生地の質感などが変わってくると

印象も変化してきます♪

また、真っ白ではなくあえて袖元や裾などに赤色をいれてみたり

糸などで刺繍にアクセントを加えるのもオシャレですね(^_-)

 

 

日本古来の衣装である和装、

とくに白無垢は結婚式でなければ着られない衣装となりますので

ぜひお召しになられてみてはいかがでしょうか?

 

ウエディングプランナー

古結 麻未

 

 

スタッフブログ 一覧へ戻る