Blog

牡丹の花

2020/06/08 【衣裳 (costume)】 コスチューム

皆さん、こんにちは!

カラッとしたいい天気が続いていますが

じとーとした梅雨はそこ迄迫って来ていますね。(-_-;)

 

今回のおめでたい柄のお話しは「牡丹」です。

では早速始めたいと思います。

 

牡丹の花ことばは「富貴」「権威」「花王」が

ありますが、皆さんもよくご存じの「立てば芍薬

座れば牡丹、歩く姿は百合の花」の有名なことわざで

牡丹の花は、そこにあるだけで美を感じさせてくれる

美人を象徴するお花としても親しまれています。

 

牡丹の花ことばには他に、思いやり、恥じらい等があり

花弁が中央に向かって何枚も生えているのがまるで

恥ずかしそうに顔を隠しているように見えるので

恥じらいと付けられたのかも知れないと言う事です

 

おめでたい柄の象徴としては、牡丹の花は豊年の兆しと

なる、めでたい花「瑞花」として幸福や富貴として描かれて

来ました。

また牡丹の「丹」は、不老、不死の仙薬を意味する事から

不老不死、不老長寿の意味もあるそうです。

 

いかがですか、勉強になりましたか~!

私は非常に勉強になりました。( ^)o(^ )

(自己満足)(#^.^#)

ではまた、次のおめでたい柄の話しを楽しみにしていてくださいね!

 

コスチュームコーディネータ

山添 三代

スタッフブログ 一覧へ戻る