Blog

和装選び〜フォトウェディング〜

2020/10/27 【Close up エスタシオン】【フォトウェディング & 前撮り】【衣裳 (costume)】 フォトグラファ

こんにちは!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

フォトグラファーの池田です📸

 

 

 

近年では、前撮りはもちろん、フォトウェディング

で人気の和装。

 

当日も和装で式を挙げたいとお考えの方も多いと思います。

 

本日は和装をお考えの方で、衣装選びの際に知っていて

少し便利な豆知識をご紹介します。

 

 

花嫁の和装で有名なものといえば、

白無垢】【色打掛】と主にこの2つです。

 

 

白無垢は平安時代から室町時代。

色打掛は室町時代後期から江戸時代にかけて、婚礼衣装として

広まりました。

 

当時は白無垢が、もっとも格式の高い正礼装でしたが、

現代は、色打掛も同じく、正礼装です。

 

 

 

では白と色の違い、意味は???

 

 

白無垢

白は、古代より太陽の色と考えられ、神聖な色とされてきました。

邪気を払い生まれ変わるという意味が込められいるため、産着や死装束も白。

婚礼の際も真っ白な着物に身を包むことで生まれ変わり、『嫁ぎ先の家風に染まります。』という意味が込められています。

 

 

色打掛

:古代より生命の色として捉えらてきました。そこから、『神聖な色・魔除けの色』とも考えられるようになり、結婚の場面に相応しい色として定着していきました。

桃色:桜の花、桃の節句など春を思い起こさせる色ですが、優しい『愛情』を表す色合いは、四季を問わず結婚式にぴったりです。

橙色:柑橘系の橙は、『代々(橙)栄える』という意味で、昔から縁起の良いものとされてきました。橙色は、日本人の肌によく映えるので、女性の晴れ着として好まれています。

青色:空や海を示す青は、『高潔』、『純潔』を表す色です。寒色系の色合いの色打掛も近年人気です。

 

 

 

衣装選びで迷われた方は少し参考にしてみてはいかがでしょうか☻

 

 

 

 

 

 

和装は日本古来より伝わるもので、日本人の体型に合わせてつくられているため、

花嫁の美しさをより際立たせてくれます。

 

エスタシオン・デ・神戸では、伝統的な柄からおしゃれなものまで

和装衣装をたくさんご用意しています。

 

是非ご来館、お問い合わせお待ちしております。

 

 

 

 

フォトグラファー 池田

スタッフブログ 一覧へ戻る