Blog

黒留袖と色留袖

2020/11/26 【衣裳 (costume)】 コスチューム

皆さん、こんにちは!

コスチュームコーディネーターの山添です( ^)o(^ )

11月も終わりになって来ました。

本格的な冬の季節がやって来ます。

寒さとコロナに負けないで頑張りましょう!

 

今回は「留袖」のお話しです。

「留袖」は結婚式や式典などに着用する格式高い着物です。

留袖には「黒留袖」と「色留袖」の2種類があります。

では2種類の違いをお話しします。

 

まず黒留袖は名前の通り生地が黒地のみで、色留袖は淡い色で

ピンク色、水色、うぐいす色などたくさんの色があります。

淡い色は目立ち過ぎる事がなく、お祝いには彩りを添える事が

できます。

 

二つ目、黒留袖は既婚の女性が着る最高の格式がある着物で

未婚の女性は着る事ができません。

色留袖は既婚でも未婚の方でも着ることができます。

 

最後に「紋」の数です!

黒留袖には紋が5つあり、もっとも格式の高い位置づけで

「正礼装」の格付けです。

新郎新婦の母親の立場の場合は「黒留袖」を選びましょう!

色留袖の紋は5つ、3つ、1つがあり、5つの場合は黒留袖と

同じ格付けになります。

3つは「準礼装」、1つは「略礼装」で黒留袖に比べると

使用用途が広く入学式、卒業式、ちょっとしたパーティにも

着て行く事ができます。

 

 

 

いかがでしたか! 使用用途を考えて留袖をどんどん着ましょうね!

スタッフブログ 一覧へ戻る