Blog

泣き声が、トランペットに劣らんペット(゜o゜)

2018/03/19 【結婚式 (ceremony)】 ウェディングプランナー

こんにちは☆

 

もうすぐ春分の日ですね♪

国民の祝日・・・とは知っていたのですが、どんな日なのか

お恥ずかしながらまったく知らず・・・ちょっと調べてみました!

「春分にあたり自然をたたえ、生物をいつくしむ日。春の彼岸の中日。」だそうです。

自然をたたえる・・・なかなか壮大なお話しですが笑

今週はお休みにピクニックにでも出かけて、温かくなってきた気候を

楽しもうかな?とおもっております^^

 

 

さて、今月の「結婚式の基礎知識、教えてー!!」は

挙式の音楽についてです☆

 

今回は楽器別のオススメBGMをご案内したいと思います!

 

 

まずはパイプオルガン♪

高音はもちろん、低音の美しい響きはパイプオルガンの大きさならでは音色となっており、

結婚式をより豊かに演出できる音色といっても過言ではないですね!

クラシックの音楽が基本的にはオススメなのですが、

なかでも素敵なのが、バッハの「主よ人の望みの喜びよ」です!

穏やかなバッハの旋律が雰囲気だけでなく、ゲストの皆様の心を癒すような

響きに聞こえてまいります☆

荘厳な雰囲気漂うこちらの曲は結婚式のどのシーンでもピッタリです♪

 

つづいて、バイオリン♪

弦楽器であるバイオリンは、音楽全体にメリハリとドラマチックな雰囲気を

プラスしてくれるような音色です!

主旋律を奏でることが多い楽器ですが、ピアノやパイプオルガンの音色に合わせて

はもるように別メロディーを奏でているのも、個人的には好きなスタイルですね☆

バイオリンが輝く曲もたくさんあるのですが・・・

「アメージンググレース」や「トゥーランドット」など、伸びやかさが特徴的な

メロディーの曲がやっぱりオススメです(^ム^)

 

つづいては、トランペット♪

華やかさの象徴ともいえるトランペットの音色は、

音楽全体に明るさや力強さがプラスされるのが特徴ですね!

エスタシオン・デ・神戸でも、入場する前にトランペットによるファンファーレを

演奏したりすることもあるんです^^

迫力ある、力強いメロディーのある曲がベストなのですが

なかでもオススメなのが「トランペットヴォランタリー」です☆

ヴォランタリーとは教会の礼拝前後とその合間に演奏される曲のことで

結婚式にも雰囲気はピッタリ♪

大聖堂ならではの迫力とも相まって、素敵な結婚式になること間違いない!かと思います^^

 

お二人の結婚式を彩る音色を、

ぜひ楽器も一緒にご検討してみてはいかがでしょうか?

 

ウエディングプランナー

古結 麻未

 

 

スタッフブログ 一覧へ戻る