Blog

エントランスホールのもう1つの顔。

2016/03/30 【Close up エスタシオン】 セレモニーコーディネーター

エスタシオン・デ・神戸 スタッフブログをご覧の皆様、いつもありがとうございます。

 

当ブログの色々な記事で1Fエントランスホールの正面奥にそびえるパイプオルガンのことは

何度もご紹介していますが、実はもう1つ自慢できるものすごいモノがあるのです。

 

大階段中央にあるピアノ、その名も「ゴールデン・スタインウェイ」。

b33249d8-b058-483b-a6db-2e8bad459fbb

 

この「ゴールデン・スタインウェイ」は、世界で最も有名なピアノメーカーの代表格である

スタインウェイ&サンズ社の作品で、スタインウェイ&サンズ社のピアノは多くのピアニストや

作曲家からとても愛されています。

 

そんなスタインウェイ&サンズ社へ120年以上も前にフランスの富豪が特注品として

オーダーし誕生したのが「ゴールデン・スタインウェイ」で、楽器としてだけでなくアートと

しても非常に素晴らしく、それに感銘を受けたエスタシオン・デ・神戸が購入したものです。

 

非常に歴史あるものなわけですが、今もなお現役の楽器としてエントランスホールでの

結婚式をより彩りにあふれたモノとするのに活躍しています。

 

パイプオルガンだけでは表しきれない大きな感動を味わえる「ゴールデン・スタインウェイ」。

是非一度ご覧ください。

いつでもお越しをおまちしていますよ!!

 

ゼヒッ!!!

 

エスタシオン・デ・神戸

角井 修

 

 

 

 

 

 

スタッフブログ 一覧へ戻る