Blog

深夜のエスタシオン・デ・神戸

2016/10/01 【Close up エスタシオン】 古賀野 正幸

DSC_7555

只今深夜2:00のエスタシオン・デ・神戸の
エントランスの模様です。

エスタシオン・デ・神戸の使用している石は
外壁、床、壁など全てと言って良いほど
大理石が使われてます。

天然の大理石は使えば使うほど味が出ると言われ
ヨーロッパの石の文化が盛んな地域では、大理石が
自然に色が変わっていくことも計算されて建築の
設計が古くから行われてきました。

エスタシオン・デ・神戸もその例にもれず
大理石天然の持つ風合いを計算して、赤色の
大理石を使ってエントランス中央に描かれた
床モザイクがこちら!
483-DSC_3429_

この夏改装工事と外壁改修工事が完了し、全てを
リニューアルする中の一つに、大理石を研磨して
大理石の持つ自然の模様の美しさと輝きを取り戻す
工事を深夜に行っております。

DSC_7550

その工事では・・・・
ダイヤモンドでコーティングされている特殊な工具を使って
大理石を研磨するそうです

先ず800番の粗目で大理石の汚れと落とし

そして1500番の細目で下地の磨き上げ

次に3000番の極細目で仕上げ磨きを行い

最後にふわふわのタオルのようなもので磨き上げて完了!

実に 4工程を行ってはじめて光り輝くのです!

DSC_7554

深夜の作業で一度にできる作業範囲は10メートル四方が精一杯です。
大理石は水に弱く、研磨した水をすぐにバキュームで吸い上げ
扇風機で乾かす、この作業を何日も何日も繰り返し、大理石
本来の美しい石の模様と輝きを取り戻す工事を行います。

大理石を磨くのはお客様の結婚式のステージになるエントランスホールを
神聖な場所だとエスタシオン・デ・神戸は考えております。

一組でも多くのカップルが、本物の大理石のように長い年月をかけて
夫婦という味を創り、いつまでも変らぬ愛がそこにあり続けるように
幸せになって頂く事を願って今日も大理石を磨きます。

スタッフブログ 一覧へ戻る