Blog

「125年の時を超えて・・・②」

2017/01/28 【Close up エスタシオン】 古賀野 正幸

世紀の大修理が始まって2か月目に入りました。
125年前に製造された、当時の最高水準の技術で
作られたピアノの測定が終わり、いよいよ修復作業に
入ります!
DSC_7684

先ずはピアノの弦を外す作業なのですが
ピアノの弦の張力は、おおよそ20トンあり
1本1本慎重に外さないと、鋳鉄フレームが
割れたり、曲がったりと神経を使う作業!

初めて鋳鉄フレーム本体そのものを見る事が
出来ましたが、このフレームを125年前に
溶接など一切しないで鋳型で作る技術は改めて
すごい技術だったと思うのに十分です。

DSC_7679a
鋳鉄フレームを外して、作業する目的の一つに
響板の復元修理があります!

響板は車でたとえると、エンジン!
エンジンが傷んでいるとパワーが出ません・・

エスタシオン・デ・神戸にある、20年間
小さなメンテナンスは行ってきたのですが
フレームを外すと125年分の傷みが随所に
見られ、一番大変な作業が響板のひび割れでした。

ひび割れている箇所からは、音が漏れていたり
かすれたりしていたそうです・・・・

DSC_7680

こちらの写真はひび割れた箇所に、同じ材木を使って埋め木を行い
丁寧にカンナで削っている写真。

このような復元修理が出来るのも、「当時のスタインウェイが本物の素材を
使って、丁寧に作り込んであるからこそできる」とマイスターの方は
おっしゃってました。

DSC_7682

削り終わったあと、通常の修理は現在最も流通している
ウレタン系のニスを塗るそうなのですが、今回の復元修理では
本国で当時から使われている、ニスを調達して当時のままに
こだわった復元をしているとの事!

響板が修復できると次は、今回の最大の難関である
弦の張り直し作業!

復元修理はまだまだつづきます!
次は弦の張り替え作業、その作業も
ブログにアップしますね。

スタッフブログ 一覧へ戻る