Blog

☆和装☆

2016/09/28 【その他】 コスチューム

皆さまこんにちは!

いつもエスタシオン・デ・神戸のブログをご覧いただき、ありがとうございます☆
本日は久しぶりの更新となってしまいましたが、
地味~に続けております和装情報シリーズです!
さて今回は、新婦の和装に使われる5点セットについてご紹介します!
花嫁様に不可欠な「5点セット」皆様はご存知でしょうか?

白無垢や色打掛、振袖などをより華やかにみせる、
帯や扇子などの衣装小物を5点セットといいます☆

inoue6
華やかにみせるのはもちろんのこと、参列者の方との区別をつけたり
花嫁の格を表現するためにはかかせないものなのです!!
まず一つ目は「箱迫」江戸時代の女性が用いた懐紙や鏡、お香やお守りを入れていた、
今でいう化粧ポーチのようなものです!

二つ目は「懐剣」
江戸時代のお姫様が自分の身は自分で守るために
護身用としてもっていた刀のなごりなのです!
悪いものから守ってくれるという意味もあります☆

続いて「末広」
こちらは扇子のことなのですが、
こういったお祝いの場で飾りとして身に付ける末広は、
広げて仰ぐためのものではないのです\(◎o◎)/!
そして二人の幸せが末広がりになるように縁起が込められています☆

そして「抱え帯」
武家に嫁ぐ花嫁が、家事の際に襷にしたという説もあり、
外出の際にはこの抱え帯でかかえるように着物を固定した事から
抱え帯の名がついたともされております。

最後に「丸絎(まるぐけ)帯締」
ふわふわの丸絎の帯締は幸せの証♡
花嫁様の帯締には必ずこの丸絎が使われます。
丸い形は円満をあらわす縁起のいい形だからです!
花嫁の新しい門出を祝う気持ちがこめられています(*^_^*)

 

この五点セット、白無垢には白色のものがいいのかな・・・?
とお考えの方、そんなことはありません!
エスタシオン・デ・神戸では、
差し色に赤や青、ゴージャスな金色のものも取り揃えております☆

2016-09-28 15.48.36

他の花嫁様とは違ったものを!とお考えなら是非!
いろんなお色味を試してみて下さいね!
伝統の和装をご自分のカラーで楽しみましょう♡

 

コスチュームコーディネーター

山下依里

スタッフブログ 一覧へ戻る