Blog

April has come!!

2017/04/01 【その他】 ウェディング コーディネーター

こんにちは!

いつもエスタシオン・デ・神戸のブログをご覧いただき、ありがとうございます(*^_^*)

ついに来ましたね、2017年度!!!!(笑)

昨年社会人になった私は、1年という時間の早さに驚いています(笑)

そして、今日からエスタシオン・デ・神戸にも新しいスタッフが仲間入りしました!!

これからもばりばり皆さまの最高の一日を演出するため、頑張らせて頂きます(#^.^#)

 

 

4月は日本人にとって大きな区切りの月ですよね!

入学式や入社式など、門出を迎える時期であり、

新学年、新年度と新たな生活、仕事の始まりの時期でもあります。

そんな4月の大きなイベントといえば、エイプリルフールです(^O^)

この風習の起源はまったく分からないそうなのですが、

欧米では一大イベントとして、毎年躍起になってウソをついていますね…(^_^)

4月1日の正午まではウソをついていい、というなんとも微妙なルール(笑)や、

午後にはついたウソを釈明しないといけない、というもの、

4月2日は絶対にウソをついてはいけない、といったマイナールールも存在し、

一種のお祭り的扱いになっています。

 

大きな節目となる、4月の誕生石はダイヤモンド

宝石の中でも、とくに人気の高いもので、天然鉱物のなかではもっとも硬い石です。

シャープペンシルの芯に埋め込まれている商品もあるみたいです!(すごーい)

ダイヤモンドの品質をあらわす、アメリカの宝石学協会が定めた指標をご存知ですか?

色(カラー color)透明度(クラリティ clarity)重さ(カラット carat)研磨(カット cut)の4点から評価します。

よくテレビの広告などで、「8カラットのダイヤモンド!!!」という重さを重視した商品の宣伝もありますが、

色、透明度の評価が高いものも、ダイヤモンドとしての価値が大きいと言われます。

 

そんなダイヤモンドの石言葉は、「永遠の絆、純潔、不屈」

その硬さから変わらぬ気持ちを、無色透明の色合いから純白の花嫁を連想しやすいことから、

こういった石言葉になったのではないかと思います(*^_^*)

 

そして、4月の誕生花はかすみ草

ベールに覆われたように、花束をぐっと華やかにする、スーパーバイプレイヤー的存在ですが、

かすみ草の花束を持つことは結構女子の憧れだったりするんではないでしょうか?(^.^)

白が一般的ではありますが、淡いピンクグリーンといった種類もあるみたいです。

欧米では「ベイビーズブレス」(赤ちゃんの吐息)と呼ばれるそうですが、

清らかな存在である赤ちゃんのようなお花という意味合いも大きいかもしれませんね!

 

そんなかすみ草の花言葉は、「無垢の愛、幸福」です。

清楚で可憐なイメージにぴったりな花言葉ですね(#^.^#)

 

 

4月はまさに結婚式にぴったりという宝石、お花でしたね!

これからのおふたりにふさわしい言葉を持っているので、

ダイヤモンドはティアラ、ネックレス、もちろん指輪で、

かすみ草はブーケや会場装花で取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

ウエディングコーディネーター

吉田 千恵

スタッフブログ 一覧へ戻る