Blog

絆の象徴

2018/07/25 【その他】 セレモニーコーディネーター

スタッフブログを心待ちにしている皆様!

いつも、ありがとうございます(^O^)

 

今回の私のブログは、先日、通勤中に出会った、あるご夫妻のお話をしたいと思います・・・

 

 

と、その前に、結婚式に欠かせない必須アイテムと言えば、結婚指輪ですよね。

結婚した、二人の絆の象徴とも言えます!何年経っても、二人には欠かせない大切なものではないでしょうか!

結婚指輪の由来や意味は、もう世間的に有名なお話しになっています・・

・左手の薬指の血管は、心臓へと直接繋がっていると考えられており、

その指にはめることにより、相手の心を掴んで、結婚の誓いをより強いものにするというお話しがあります。

 

 

さらに、左手には『 信頼 』、薬指には『 愛情 』という意味もあり、

結婚式で誓い合った想いの象徴である指輪を、その指にはめる続けるなんて、

とても素敵な事ですよね!!!

 

 

そして、満を持して、通勤中に出会ったあるご夫妻の、お話しになります。

かなりご高齢のご夫妻だったんですが、お二人とも80歳位でしょうか・・・

男性は、上下ジャージ姿に杖をついて歩かれていました。女性は、カート式の手押し車です。

早朝だったので、おそらく、お二人で、朝の散歩中なんでしょうね(^O^)

転ばないように、お互い声を掛けあいながら散歩されていました・・・

その姿だけでも、微笑ましく、ほのぼのともします!

 

 

そんな、お互いを支え合う、それぞれの左手薬指には、

お揃いの結婚指輪が、しっかりとはめられていました。

久しぶりに、感動して、うるうるきました・・・

おじいちゃん、おばあちゃんになっても、いつまでも、

繋がり続ける事のできる、結婚指輪は本当に大切で、素敵なものだと感じました!

 

セレモニーコーディネーター

十川 真一

 

 

 

 

 

スタッフブログ 一覧へ戻る