Blog

ラ・フェリーチェいっぱいの緑

2019/03/24 【その他】 セレモニーコーディネーター

いつも、スタッフブログを心待ちにしてくれている皆様!実際のところ、本当に楽しみにしてくれている方はいらっしゃるのでしょうか(笑)?

今回、私がご紹介したいのが、10階ベッラ・ルーチェの控室であるラ・フェリーチェにある、いっぱいの観葉植物です!!!

10階 ラ・フェリーチェ

会場を彩るものは、お花だけとは限りませんよね(^_^)/元気一杯の緑色をした、観葉植物も披露宴会場にはぴったりです!

        
観葉植物(かんようしょくぶつ、英:ornamental foliage plant)とは、葉やその色合いを楽しみ、自然な雰囲気を醸し出すために育てる植物である。葉の形状、色彩、斑などの模様・造形美を深く味わい鑑賞する。リラクゼーションの効用がある。主に屋内において、家庭などのほか、ホテルのロビーや美容室、飲食店などの店舗、オフィスなどに置かれる。
(Wikipediaより引用)

10階にある代表的な観葉植物を、いくつかご紹介したいと思います(^O^)

まずは、超有名な『ソテツ(蘇鉄)』です!学名は 「シカス」と言います。ヤシの木に似た植物という意味らしく、和名である「ソテツ」は、木が弱った時に、株元へ鉄を打ち込むと元気が戻ったことから、鉄で蘇る『蘇鉄』と名付けられたそうです。なんと!花言葉まであるみたいで「雄々しい」というのは、見た目からなのでしょうか・・・
(原産地)日本、中国南部(性状)革質で生長は非常に遅い。高さ5m~10mにもなるものもある

ソテツ(蘇鉄)

定番の観葉植物と言えば、この『ポトス』初心者でも育てやすく、新しい魅力的な品種も開発されているようで、会場には『ポトス』と、『ポトス・ライム』を置いています(^_^)/熱帯地方では、茎は太くなり、葉っぱに切り込みが入る特徴が有り、中でも『ポトス・ライム』は、葉色が鮮やかなライトグリーンになるのが特色。光線をあてると発色するそうです!皆様もご家庭の中で、育てている方も沢山いらっしゃる筈です(^O^)(原産地)東南アジアスンダ諸島

ポトス
ポトス・ライム

こちらは、4方向に優雅に広がる葉を持つのが、『アスプレニウム』です。シダ科植物で、『アビス』や『ニダス』という品種が出回っています…今回、会場には『アスプレニウム・ニダス』を置いています(^O^)(原産地)日本の暖地、台湾、東南アジア各地

アスプレニウム・ニダス

アスプレニウムの花言葉は、「あなたは私の喜び」「真実の慰(なぐさ)み」「雄々しい」の3つです。 断崖や谷などの険しい山に生えているため、その姿が「雄々しく」、 アスプレニウムを見つけたときの喜びから「あなたは私の喜び」、見つけたときに歩き疲れた心情を晴らすことから「真実の慰(なぐさ)み」とつけられました。 ちなみに、アスプレニウムは「あなたは私の喜び」の花言葉にちなんで、贈り物にも良く使われる事があるそうです(^_^)/結婚式にもぴったりですね!

代表的な観葉植物を三つご紹介させて頂きました!その他、数多くの種類の観葉植物を置いております。是非、10階を訪れる機会がございましたら、いっぱいの緑に癒されて頂けましたら幸いです(^_^)/

セレモニーコーディネーター 十川 真一

スタッフブログ 一覧へ戻る