Blog

2020/05/27 【その他】 コスチューム

皆さん、こんにちは!

今日は、着物の中でおめでたい柄の象徴の

一つである「鶴」について少し調べてみました。

エスタシオン・デ・神戸のレンタル衣装「シンデレラ」

で扱っている着物の中でやはり一番多いのが鶴の柄です。

鶴は古くは「たず」と呼ばれていたそうで、平安時代以降

から鶴と呼ばれる様になったそうです。

鶴にまつわる言葉はたくさんありますね。

「鶴は千年、亀は万年」と鶴は長寿を象徴する吉祥の鳥と

されています。

また、「夫婦鶴(めおとつる)」夫婦仲が大変良く一生を連れ

添うと言う意味で、仲良き事の象徴の鳥とも言われています。

また、鳴き声が遠方まで届くことから天に届く、天と界に通じる

鳥と言われ、めでたい鳥として尊ばれて来たそうです。

なるほど~!!!

いろいろ調べて行くと結婚式やお祝い事で多く使われる柄として

納得しますね。

これからもおめでたい柄の由来等を色々ご紹介して行きたいと

思います。

シンデレラに着物を見に来られた時には、柄を見て思い出して下さいね。

コスチュームコーディネーター

山添 三代

スタッフブログ 一覧へ戻る