Blog

ウェディングフォトグラファーからのカメラのお話し3

2020/05/30 【神戸 結婚式場】 フォトグラファ

いつもブログをご覧いただき感謝いたします。

今日はカメラの第3回目のお話です。

フイルムカメラと言いましても色々な種類のカメラがあります。

一般的に35mmとよく言われますが、これは24mm×36mm

サイズのフイルムのことです。まちのカメラ屋さんでよくみかける

ものです。ちなみに、デジカメでも、よくフルサイズというフレーズ

を聞いたりしませんか? 実はフルサイズデジタルというのは

35mmフイルムが基準になっています。

フイルムには色々なサイズがあり、30年ほど前まではハガキサイズの

フイルムが一般的でした。以前にお話しいたしましたように本当に

滑らかな描写でした。それから時代の流れやコスト面の見直しに

より中判フイルムが支流となりました。

上記画像のカメラが中判フイルムのカメラです。

フイルムサイズは6×8cmで68(ロクハチ)と呼んでいました。

ハガキサイズのフイルムには及びませんが、それなりの描写を

再現してくれました。最近では、中判フイルムを目にすることは

難しいかも知れませんが、見かけたときにこのお話しを思い出して

頂ければ嬉しいです。

フォトグラファー   山中

スタッフブログ 一覧へ戻る