Blog

SAKURA

2020/06/04 【その他】【衣裳 (costume)】 コスチューム

皆さん、こんにちは!

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

今回から着物の柄で多く使われているお花達を

紹介したいと思います。

 

まず最初に「桜」から行きます。

「新しい門出」を連想させるため、入学式、卒業式の

春をイメージしますが、今は6月梅雨、夏です。

季節外れですみません!!!

 

今でこそ日本における代表としている花の代名詞ですが

奈良時代では、花と言えば「梅」が主流でした。

梅も日本を代表する花ですが、平安時代に文化が育つに

つれて人気が高まり花と言えば「桜」になりました。

桜の語源も諸説色々ある様ですが、春に里にやって来る

稲(サ)の神が宿る座(クラ)の説や日本書紀に登場する

女神「木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)」の「サクヤ」が

転化した説もあります。

桜の品種は数多くありますが、文様になっているのを少し紹介

しますね。

 

単純に桜の花を表した「桜花」、幾重にも重なった花びらの「八重桜」

桜の木の垂れ下がった枝を表した「枝垂桜」、小さな花びらを散り

ばめた「小桜」があります。

桜が一斉に咲き誇る姿から文様には、「繁栄」、「豊かさ」の意味が

込められているそうです。

 

次は何のお花か楽しみにしていて下さいね。

 

コスチュームコーディネータ

山添 三代

スタッフブログ 一覧へ戻る