Blog

ウェディングフォトグラファーからのカメラのお話し6

2020/06/18 【神戸 結婚式場】 フォトグラファ

皆様こんにちは!本日はカメラのお話しの第6回になります。

今回はシャッターのお話しをしたいと思います。

そもそもシャッターとはなに?フイルムカメラではフイルムに、デジタルカメラでは撮像面に光を充てるまでの遮断物です。もっとわかりやすく言えば、フイルムや撮像面に光を充てるときに開いたり閉じたりするものです。また、シャッターには大きく分けて2つの種類が有ります。フォーカルプレーンシャッターとレンズシャッターの2つがあります。それぞれに特徴があります。

フォーカルプレーンシャッターは高速シャッタースピードに対応できるが、シャッター音が大きい。

レンズシャッターはシャッター音は小さいが、高速シャッターには向いていない。

おおまかに言うと、つまりそれぞれ使い分けが必要だと言うことです。

ほとんどのデジタルカメラはフォーカルプレーンシャッターを採用しており、レンズシャッターは主にスタジオ撮影などで使用されており、レンズ交換が有効に使用される中判カメラや大型カメラに採用されています。

ちなみに、スマートフォンや携帯電話は電子シャッターを採用しているようですが、電子シャッターは無音・無振動ですが色ムラ・歪みがあるようで、フラッシュが使えないようです。

フォトグラファー   山中

スタッフブログ 一覧へ戻る