Blog

季節のお花✿~15~

2020/06/19 【神戸 結婚式場】 フラワー アーティスト

みなさんこんにちは😊

フラワーコーディネーターの北田です!!

お待たせしました!!

今回は!!久しぶりの季節のお花シリーズです!!😊

ご紹介するお花は!!

『ユリ』です!!

  

   

白も素敵ですが、ピンクも可愛いくて、いいですね💕

  

早速、ご紹介していきます!

花名の「ゆり」は、茎が細く花が大きいため風に揺れやすく、その様子から「揺すり」と呼ばれ、それが変化して「ゆり」に、漢字の「百合」は漢字からで、ユリの鱗茎の鱗片葉が多数重なり合っていることに由来するといわれ、学名「Lilium(リリウム)」は、ギリシャ語の「leirion(白色)」を語源とし、英語では「Lily(リリー)」、フランス語では「Lis(リス)」と呼ばれています!!

  

花言葉は「純粋」「無垢」「威厳」。

キリスト教では白いユリ(マドンナリリー)が聖母マリアに捧げられた花であることから純粋のシンボルとされ、「純潔」「純粋」などに由来します。

「威厳」はユリの堂々たる花姿にちなみます。

  

そしてそして!!

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」

季節のお花シリーズの芍薬と牡丹でもご紹介しましたね!!

今回は「ユリ」ということで、「歩く姿は百合の花」の部分をご紹介します!!

ユリは風に揺れる姿が美しいことから、歩きながら見るのが一番美しいという説があり、美しい女性が歩くようであるといわれています。

  

また、ユリにはカサブランカという種類があり、「ユリの女王」と呼ばれ、純白の大輪の花を咲かせます。

  

ブーケや装花にも使われているので、ぜひ、使ってみてくださいね!😊

  

  

フラワーコーディネーター

北田伊織

スタッフブログ 一覧へ戻る