Blog

手毬と雪輪

2020/06/22 【その他】【衣裳 (costume)】 コスチューム

皆さん、こんにちは!

梅雨の間のひと時の晴れ間!!!

気持ちいいですね~。(^O^)/

 

今日もおめでたい柄、はじめちゃいますね!

 

今回は「手毬(てまり)」と「雪輪(ゆきわ)」です。

 

手毬は女の子の遊び道具であった事から女性らしさ

可愛らしさを象徴する模様です。

手毬柄は「子供が丸々と育つように」「何事も丸く

おさまるように」との意味があり、子供の成長や

幸せな人生をお祝いする意味で振袖や七五三、宮参り

の着物に多く描かれています。

また、円満な家庭を築けるようにとの願いを込めて

手毬柄の着物を嫁入りに持たすと言う習慣もあります。

昔は、万事が丸く収まる願いと魔除けの意味もある

ので、手毬その物を嫁入り道具として持たせる風習も

あったそうです。

 

 

手毬柄には、大切な子供が幸せな人生を送れる様にとの

親の願いが込められていると言う事ですね。(#^.^#)

 

次に「雪輪」ですが、皆さんあまりご存じでは無いかも

知れませんね~ (^_^)

主役の柄と一緒にさりげなく描かれている柄ですが

ふんわりとしたボタン雪を図案化した文様で

平安時代から使われていたそうです。

雪は五穀の精と言われ、その年が豊作になる吉祥の

象徴とされていました。

江戸時代後期に雪の結晶が六角形だと言う事が

知られるようになり、庶民の間でも広く使われるように

なったそうです。

 

 

いや~! さりげない柄でも全部意味があるのですね。

ますます調べるのが面白くなって来ました。

お付き合いしていただいてありがとうございます。

次回も待っていて下さいね!( ^)o(^ )

 

コスチュームコーディネーター

山添 三代

スタッフブログ 一覧へ戻る