Blog

Fisherman 3

2020/06/27 【神戸 結婚式場】 フォトグラファ

皆様こんにちは!いつもブログをご覧いただきありがとうございます。本日も釣りとお魚のお話しです。

皆さんヒラメとカレイの見分け方ってご存知でしょうか?昔からこう言う言葉があります。  左ヒラメに右カレイ  いきなり聞くとなんのことやら、、、ですが、これはヒラメかカレイを横向きに置いたとき、目と口が正常な向きの時に左に目と口があればそれはヒラメ、逆に右であればカレイということです。中には例外もありますがまず一般にみかけるヒラメ・カレイはこのように見分けます。と言いましてもカレイは釣れることはありますがヒラメは岸からは中々釣れるお魚ではなく、釣舟に乗り沖にでて経験豊富なプロの船頭さんにご指南いただきはじめて釣れるお魚さんと思っています。

船釣りの経験があまり無い私はいまだヒラメとご対面の機会がありません。ヒラメは生きたエサを好み、小あじの一匹掛けの泳がせ釣りとかということを聞いたこがありますが、いつかチャレンジ出来たらと密かに思っています。ですが、神戸港でものんびりと釣りが出来ればそれはそれで満足なんですが、やっぱり大物が釣れれば嬉しですがいつも小物ばかりです。神戸港では大物を期待しても中々釣れるものではないとはわかっていますが、やっぱり”釣りキチ”としましてはどこか期待している自分がいます。納竿のとき今日もそれなりだったか~と思いますが、今度こそと思いながら次はいつ来れるかなと思う自分がちょっと好きです。

あ~あ今度こそは、、、

フォトグラファー   山中

スタッフブログ 一覧へ戻る