Blog

藤と薔薇

2020/06/29 【神戸 結婚式場】【衣裳 (costume)】 コスチューム

皆さん、こんにちは!

コスチュームコーディネーターの山添三代です。( ^)o(^ )

 

6月も終わりですね。

今年は大変な年なので、自分の年はとりたくないけど

私は早く過ぎ去って欲しい年です。(-_-;)

 

では今回もおめでたい着物の柄、始めま~す。(^O^)/

 今日は「藤」と「薔薇」です。

 

「藤」

古来、日本では藤の花の紫は高貴な色とされており

「万葉集」にもたくさん詠まれています。

「枕草子」にも「めでたきもの」「貴なるもの」と

称えられています。

藤は繁殖力が強く、他の樹木に絡みながら

伸びて行くことから長寿、子孫繁栄の象徴と

されて来ました。

また「ふじ」は不二、不死に繋がることから平安時代に

藤原氏が藤を名前や家紋に取り入れました。

公家社会では、様々な装束に藤の文様が用いられ

有職文様(ゆうしょくもんよう)になりました。

有職文様とは、公家の装束や調度品、興車(よしゃ)等に

使われた伝統的な文様の事です。

  

 

 

「薔薇」

別名を「長春花(ちょうしゅんか)」と言い

長く美しさを保って咲き続ける姿から吉祥文様と

されました。

古典的な文様ではあまり見られませんが、現在では

西洋風の薔薇を中心に着物の柄に多く

用いられています。

 

 

 

本日はシンデレラの振袖の人気上位の柄をご紹介

しました。

是非、見に来て下さい。

お待ちしてます!(^_-)-☆

スタッフブログ 一覧へ戻る