Blog

Fisherman 4

2020/06/30 【その他】 フォトグラファ

この梅雨が明けるといよいよ待ちに待った暑い夏がやって来ますが、このブログを書いているところはエアコンの効いたところなのでそんな暑い夏とか言っていますが、真夏のうだるような暑さの時は早く秋にならないかと毎年思っていますが、今は暑い海が恋しく思います。

沿岸・防波堤からの釣りは、春先と秋口によく釣れるといわれます。まさしくその通りだと思います。理由は寒い冬を越し暖かな春を待ちわびた春先、そして暑かった夏が過ぎた秋口、と頃にお魚たちは冬の栄養不足を解消し、また、暑い夏は食欲がなく、秋口になると産卵・越冬にむけて食欲が旺盛になってきます。そんな中でも暑い夏でも食欲旺盛な魚がいます。それはエサ取り名人といわれるお魚でフグです。皆さんフグと聞いていいな~と思われる方も居るかもしれませんが、この季節沿岸などでよく釣れるフグはクサフグというフグが多く、このクサフグはすべて毒で食べるところが全くないフグです。間違っても食べないように気を付けましょう。

このクサフグはなぜエサ取り名人化と言いますと、口が小さく針からエサを取るのがその口が向いているのでしょうね。たとえ針に食いついても、糸はもちろん針まで食いちぎってしまいます。そして何より釣り上げても全く食べることのできないお魚さんです。釣れたその場ですぐにリリースしますが、またクサフグが釣れるとさっきリリースしたやつではないと思いますが、【すぐ逃がしてくれると思っているのか、、、(そんなことはないと思いながら)】どんどんエサに食らいついてきます。最後にはこちらが根負けして納竿と言うこともありました。でも今はそんなクサフグでもいいから釣りに行きたいと思う今日この頃です。

フォトグラファー   山中

スタッフブログ 一覧へ戻る