Blog

Fisherman 5

2020/07/04 【その他】 フォトグラファ

皆様こんにちは!

本日はお魚さんのお話しです。

突然ですが、日本三大怪魚ってご存知でしょうか?あまり知られていないようですが、アングラーは知っています。

1、北海道のイトウというお魚は体調1m~1.5mにもなるそうで、幻の怪魚と言われています。

2、琵琶湖の大ナマズと言うこれまた1m以上にもなる大ナマズがいるそうです。

3、四万十川のアカメと言う幻の巨大怪魚がいるそうです。最大1m30cm

この三大怪魚を当然私は一度もお目にかかったことがなく、一度お目にかかりたいと常日頃から思っておりますが、そんなに簡単にお目にかかれる訳はなく、そもそも簡単に釣れれば幻の怪魚と言われるはずはないですよね。大きなお魚ですし、なかなかハードルは高いと思います。

私は1番最初に上げましたイトウと言う魚を一度釣ってみたいと中学生の時からずっと思っていました。漫画アニメで釣りキチ三平と言うアニメがあり、釣り好きにはたまらない釣り漫画がありましたが、アングラーは一度は見たりまたは聞いたりしたことと思います。その中で一番印象に残っていますのが、このイトウとの闘いでした。北海道の釧路湿原での釣りは本当にその場所に居るかのように書かれた描写は素晴らしく漫画家の矢口高雄先生には今も感謝しています。おかげ様で、そこそこの釣りバカに成長いたしました。あの時代はテレビゲームも携帯もなくアナログの遊びしかなく、色々と経験させていただきましたが今は本当に色々便利な世の中ですよね、あのアナログの時代もそれなりに良き思い出として残っています。が、しかしあの時代に戻りたい気持ちはあるのですが、不便さを考えるとどうなんでしょうね?バックトゥザフューチャーじゃないですが、もし過去に戻ることが出来たら、釣竿やリールばかり磨かないで学業にも力を入れることによってもう少し違った人生を送ることができたかも?と。。。人生とは無駄と後悔の積み重ねではないかと思う今日この頃です。

フォトグラファー   山中

スタッフブログ 一覧へ戻る