Blog

鳥特集

2020/07/05 【神戸 結婚式場】【衣裳 (costume)】 コスチューム

皆さん、こんにちは!

今回のおめでたい柄のお話しは、鳥を特集してみました。

調べて行くうちに、この鳥もそうなんだ~とビックリ!!!  

では始めま~す。

 

まずは「鴛鴦(おしどり)」

鴛鴦はおめでたい象徴によく出て来る鳥ですが

オスとメスが仲良く寄り添う姿から

夫婦円満の意味があります。

桃山時代から着物や帯の柄に使用されているそうで

祝儀には欠かせない文様です。

 

 

 

次は「鷺(さぎ)」

長い脚、長いくちばしが特徴のほっそりした姿が

美しい鳥で、中国では一路蓮科(いちろれんか)を

連想するおめでたい鳥とされています。

※一路蓮科とは、科拳の試験に合格すること!

 科拳とは、中国の官僚制度の試験のことです。

 

次に「鸚鵡(おうむ)」

オウムが夫婦と共に子育てをする姿から

家庭円満の意味があります。

柄は奈良時代から使われていて、格のある

縁起柄です。

 

次に「千鳥(ちどり)」

おまんじゅうではよく知られていると思いますが

「荒波と一緒に乗り越える」と言う意味で

勝負祈願と家内安全の縁起鳥です。

柄は万葉の時代から使われているそうです。

 

最後に「孔雀」

毒蛇や害虫を食べるほどの生命力があるので

邪気を払うとされて来た鳥です。

繁殖力も強いので子孫繁栄の意味を持つ鳥です。

 

いかがですか!柄に使われる鳥には、しっかりと

意味があるのですね。

動物園に行った時は、鳥を見ながら思いだして

くださいね。 ( ^)o(^ )

 

コスチュームコーディネーター

山添 三代

スタッフブログ 一覧へ戻る