Blog

Fisherman 7

2020/07/20 【その他】 フォトグラファ

皆様 こんにちは!ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回のお魚はイシガキダイとイシダイのお話しです。

イシガキダイと言うお魚はあまりメジャーなお魚ではありませんが、鯛と同じようなフォルムと思っていただければなんとなくイメージしていただけそうな感じがしますが、またイシダイと言う魚名は聞いたことはないでしょうか?イシダイは結構有名だと思いますが、その兄弟的なお魚がイシガキダイです。

どちらも磯に生息していますので、その辺の岸壁などではなかなかお目にかかれない魚種ではありますが、いずれは釣ってみたいお魚のひとつです。たとえばエサはと申しますとサザエをまるまる1個付け、それを噛み砕いて食べるという強靭な歯を持つているようです。魚もエサも高級で時間とお金がなければちょっと手が出せない釣りですね。

     イシダイ ↓

     クチグロイシダイ ↓

イシダイの特徴は魚体に7本の縦縞がありますが、年月を重ねて行くとこの縞が消え、口元が黒くなりクチグロイシダイと呼び名が変わります。そしてイシガキダイは口元が白くなりクチジロと呼び名が変わります。もちろん釣ったこともないですし、雑誌などでしか見たことはないんですが・・・このイシダキダイはイシダイのような縦縞はなく、魚体全体がまだら模様になっており、その模様が石垣に似ているところからその名が付いたとのことです。こちらも釣ったことも、実物も見た事はないのですが、海釣りを始めたころに見た釣り番組でアングラーとイシガキダイとのバトルは中学生の私にはあまりにもインパクトが強く今も覚えているぐらいの衝撃でした。こんなことがありメジャーなイシダイよりイシガキダイに惹かれたのだと思います。その名の島、石垣島でイシガキダイを釣りたい(イシダイでも)と実現してほしい夢をいまだにに持ち続けています。

     イシガキダイ ↓

     クチジロ ↓

フォトグラファー   山中

スタッフブログ 一覧へ戻る