Blog

初夏の味わい

2020/07/23 【その他】 セレモニーコーディネーター

エスタシオン・デ・神戸スタッフブログをご覧の皆様こんにちは。

セレモニーコーディネーターの松本です😊

 

こちら、ご存じでしょうか。

 

 

高知県の名産 “ 小夏 ”です。

小夏は日向夏の別称で高知県では小夏、宮崎県では日向夏、愛媛県ではニューサマーオレンジと呼ばれています。

 

数年前に初めて食べて以来、お気に入りの果物なんですが、旬の期間は4月~6月と短く、なかなか出会えません。

昨日、お店で見つけて即買いましたが、7月のこの時期においているのは珍しいんですね。

 

小夏は果肉に酸味があり甘さ控えめで独特の風味が強い柑橘です。

 

食べ方は皮の黄色い表面(外果皮)だけを薄く剥いで、白い肉厚でふかふかの部分(内果皮・アルベド)を残し一緒に食べるのがポイント。甘みと酸味の程よいバランスを楽しめます。

好みではちみつやお砂糖を加えても👍✨

 

  

小夏は花が咲いてから収穫まで1年以上かかります。

花が咲いた後、秋ごろ実が大きくなりますが酸っぱくてまだ食べられません。

冬を越え初夏に食べ頃となります。

 

とってもおいしい小夏。

なぜだか日向夏といわれるよりも、小夏といわれたほうが買ってしまいます。

今年の旬は過ぎてしまいましたが、また来年でも、店頭で見かけたら手に取ってみてくださいね。

 

 

セレモニーコーディネーター      松本 知佳

スタッフブログ 一覧へ戻る