Blog

Fisherman 15

2020/09/08 【その他】 フォトグラファ

皆様こんにちは!

いつもご覧いただきありがとうございます。

本日は、釣りを始めたころのお話しをしたいと思います。

もの心がついたころ住んでいたところは葺合区(今は中央区)

で、近くには市場・商店街と近くにはなんでもある便利なところに

住んでおり、あたかもそれが当たり前のように感じていました。

そんな生活をしていたある日…

小学校3年生のころ、近所に住む2年上のお兄ちゃんに山にクワガタを

取りにいかないか?と誘われ、私は「そんなん、取れるん?」と、

「行かなわからんけどな」と

半信半疑ながらも就いていくことにしました。

そして、30~40分ほど歩いたでしょうか。今の新神戸駅の近くの青谷と

いうところに着き、山を登っていくととになり、(どこまで行くんやろ?)

と心の中では思いながらも口には出せず、ひたすら後を追いかけました。

どれくらい歩いたでしょう…

お兄ちゃんが  「ほらっ!」 と

よく見ると数メートル先の木に、ブイブイ(カナブン)が

群がっているではありませんか。私は何も考えずにその木に近づこうとした時、

「スズメやっ!」とお兄ちゃんは叫びました。

私はすずめ?と、それがどうかした?と思ったその時、よく見ると

ハチが数匹ブイブイと一緒にいるではありませんか!

初めて見たそのハチはスズメバチだということを知り、ブイブイの群れに

飛びつこうとした私は危うくスズメバチに刺されるところでした。

その時お兄ちゃんは、「あのスズメバチに刺されたら病院行や!」と

その時のお兄ちゃんの言葉は今も胸に残っています。

スズメバチが恐怖となり、今はトラウマとなっていますが、そんな事は

その時は気付かなないまま

野山を駆け巡る山中少年でした。

次回につづく…

アングラー 山中

スタッフブログ 一覧へ戻る