Blog

『誓い』のお話し

2020/09/11 【神戸 結婚式場】【結婚式 (ceremony)】 セレモニーコーディネーター

セレモニーコーディネーターの高橋です。

結婚式には絶対に欠かせないもの、それは『誓い』です。

いや、逆に誓う為に結婚式をする、といっても過言ではないですね。

結婚式というと教会式を思い浮かべる方が多いと思いますが

教会式では3つの誓い(誓約)を行いますね。

言葉による誓約、指輪による誓約、署名による誓約

言葉の誓約は牧師が「あなたは健やかなるときも病めるときも、、、」

という問いに対して「アーメン」と返すあの場面です。

アーメン、はヘブライ語からきているそうで「まことにそのとおりです」

という肯定の意味だそうです。

その他の指輪、と署名はそれぞれお分かりだと思うので省略。

神前式も『誓詞奉読』といって誓いの言葉を読み上げる儀式があります。

書いてある文章を読み上げるのですが、皆さん緊張されるところです。

そして人前式、この時はオリジナルで誓いの言葉を考えることが可能です。

以前のブログ人前式「誓いの言葉」オリジナル文にもありましたね。

ここでまた誓いのお話をさせていただいているのは、

やはり今、新型コロナウイルス対策について必要なものが『誓い』に

似ていると思ったからです。マスク着用や三密の回避というのはまさに

このコロナ禍に必要な『誓い』ですね。

結婚式もコロナ対策も自分自身と自分にとって大切な人の為に『誓い』を

することだと考えさせらる毎日ですね。

余談ですが、結婚式場で働くまでは『誓い』といえば子供のころに観た

「帰ってきたウルトラマン」最終話のウルトラ5つの誓い、でした。

これも結構良いことをいっているので是非調べてみてください。

セレモニーコーディネーター

高橋

スタッフブログ 一覧へ戻る