Blog

花嫁和装#6

2020/09/16 【その他】【衣裳 (costume)】 コスチューム

みなさんこんにちは🎶

コスチュームコーディネーターの上田です☺️

いつもエスタシオン・デ・神戸のスタッフブログをご覧いただきありがとうございます😆

さて本日は、前回ご紹介した和装小物(後編)です☝️

こちらをご覧ください↓↓↓

左から、帯締め・帯揚げ・抱え帯です☝️

(前回同様、目立つ黄色です😁)

では、小物たちのご紹介スタートです❗️

帯締め

名称はご存知の方も多いのではなしでしょうか☺️

留袖・振袖など一般的な着物👘でも必用な小物です。

中に綿が詰まっているのは『丸くげ』といいます。

そう言われてみれば…習ったような🤔記憶が…

丸くげ』とは断面が丸く途切れがない形状で結婚指輪💍と同じように“永遠に続く幸せ”という意味があります。

帯揚げ

こちらも、留袖・振袖など一般的な着物👘でも必用な小物ですね。

帯枕を包み後ろから(帯に添わせて)前で結びます。

鹿の子絞り(かのこしぼり)で作られた帯揚げには、“子宝に恵まれる”・“子孫繁栄”という意味があります。

抱え帯

帯の下側に巻く細い帯のこと。(花嫁衣裳ならではの小物ですね)

昔の女性は作業をする際邪魔にならないように、抱え帯で止めていました。

軽快な動きができるようになることから“自由”を意味する小物ともいわれているそうです☝️

“自由”を意味するとは 知りませんでした🤔

白無垢や色打掛を羽織る前の状態です↑↑↑

抱え帯は、白無垢や色打掛を羽織ってしまうと見えないですが、必須の小物ですね✨

羽織ると華やかです🍀

いかがでしたでしょうか🙄❓

それぞれ意味があり、改めて勉強になりました👩‍🏫

和装も奥深い😳

ご興味のある花嫁様一緒に勉強しましょう🎶

最後までご覧いただきありがとうございました🥰

次回のブログでお会いしましょう🎵

スタッフブログ 一覧へ戻る