Blog

リンドウのお話し

2020/09/22 【その他】 セレモニーコーディネーター

セレモニーコーディネーターの高橋です。

秋の花、というと色々ありますが、リンドウも秋を代表する花で

その出荷作業が最盛期を迎えているというニュースがありました。

養父市の園芸農家のニュースでしたが、山間部の涼しい気候を利用し

観賞用として鉢植えのリンドウを栽培しているそうです。

エスタシオン・デ・神戸のブログでリンドウといえば

以前、コスチュームコーディネーターの上田さんが家紋のお話しで

この漢字を読めますか、というのがありましたね。

大人気、『家紋』シリーズの第一回目ですので要チェックです!

私はリンドウと聞くと『野菊の墓』を思い出します。

伊藤左千夫の小説で何度も映像化されている名作です。

恋愛のお話しなのですが、その中で

主人公の政夫と民子の有名なやりとりがあります。

「民さんは野菊のような人だ」と政夫は言います。

遠回しな告白になるのですが、それに対して民子は

「政夫さんはりんどうの様な人だ」と言うのです。

なぜ?という政夫の問いかけに民子は、

何となくそんな気がすると言うのです。

純朴な二人がお互いを「野菊」と「りんどう」という

素朴な、またすこし繊細な花に例えているところが

何とも言えませんね。

秋の夜長に是非ご一読ください。

セレモニーコーディネーター

高橋

スタッフブログ 一覧へ戻る