Blog

Fisherman 19

2020/09/28 【その他】 フォトグラファ

皆様こんにちは! 写真室の山中です。

いよいよ!クワガタのお話しから釣りのお話しへとなります。

前回のつづきです…

ある約束の日に私は待ち合わせの場所に行くことになり、

どこに行くのかも何も教えてくれない岡本君でしたが

釣り場は、家の近くの待ち合わせ場所から歩いてほんの5分ほどの

ところでした。

私はと言うと、初めての釣りでもちろん何も持っていなく

手ぶらでした。

彼(岡本君)は釣竿と仕掛けの入ったケースを持つており、

今日私は見物なのだろうと思っていました。

ですが...

彼は近くの竹やぶに入って行きすぐに2~3メートルほどの竹を探してくれたのです。

ひょっとして、これで今日私は釣りをするのか?

私の中の微妙な心の揺れ動きを察したのか?

彼はこう言ったのです。

「はじめはこんなんでええねん!」 そして

「糸とか針は貸したるから」と…

私は見様見真似で、彼と同じように竹の棒に糸を括り付けぎこちないながらも

針と浮きを結び付けました。

そして、えさはと言うと、何やら白い塊で(後から聞くと自家製のえさで

小麦粉にみそとお酒を少々混ぜたもの)こんなんで釣れるのか?と…

何となくその時はそう思いました。

そして、そのえさを分けて貰った私は、

これから、驚くべき体験をすることになる…

ポイントへと移動するのでありました。

次回につづく…

アングラー   山中

スタッフブログ 一覧へ戻る