Blog

もし○○がいなくなったら

2020/10/07 【その他】 フォトグラファ

こんにちは!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

フォトグラファーの池田です📸

 

 

 

過ごしやすい日が続いていますね(^▽^)/

もう残暑という言葉は必要なくなり、

すっかり秋ですね。

 

涼しくなると暑い時期を思い出しますが、

今年の夏は、あまりでかけなかったせいか

蚊が少なく感じていましたが、

ここにきてなぜかよく刺されます💦

 

 

そんな難敵の蚊ですが、

蚊は人間を最も殺している生き物です。

蚊が媒介するマラリアやデング熱によって、年間75万人の方が亡くなっています。

 

 

もし世界からいなくなったらと

思った人も??

 

実際、私もその一人ですが

そんな我々人間が犠牲になる意味っていうのがちゃんとあります😀

 

 

 

ではもし蚊がいなくなると

 

 

川が汚れる

 

 

水の浄化をする蚊の幼虫(ボウフラ)がいなくなることで

川が汚染され、魚が減り、魚の値段が高くなります。

 

 

 

 

 

生態系が崩れる

これまで蚊を食べてきたクモ、カエル、トンボ

などが激減します。なので、それらを食べてきた

哺乳類、鳥類、魚にも影響が出ます。

 

 

 

 

 

野菜やチョコレートの価格が高騰

 

 

 

蚊がいなくなることで花粉を運ぶ量が減り、

野菜やカカオなどの生産量が激減します。

 

 

 

 

ということは、我々式場やレストランで出される料理にも

影響が💰💰

蚊がいなくなることで

今より何割も価格が高騰するかもしれません😢

と無理やり繋げましたが(^^ゞ

 

 

それだけではなく、夏の風物詩、蚊取り線香なんかも

なくなることを考えるとなんだか寂しいですね。

 

 

 

ちなみに蚊の主食は花の蜜や草の汁らしく、

人間の血を必要とするのは、メスが産卵に必要な

エネルギーを摂取する時だけだそうです❁

 

 

 

余談ですが、

飛んでいる蚊の羽をレーザーで撃ち落とす

装置が開発されているらしいです⚡

 

 

この世の中に無駄なものなど何ひとつないですね。

 

 

 

 

フォトグラファー 池田 圭吾

スタッフブログ 一覧へ戻る