Blog

箱根駅伝のお話し

2020/10/24 【その他】 セレモニーコーディネーター

セレモニーコーディネーターの高橋です。

季節を感じるイベントって色々ありますが、

皆さんは何が思いつきますか?

私は陸上部だったこともあり、高校駅伝があると

「今年も終わりだなぁ」と思いますし、

箱根駅伝があると(ニューイヤー駅伝が先ですが)

「今年も始まったなぁ」と季節を感じております。

全く興味の無い方にご説明すると箱根駅伝は通称で正式名称は

『東京箱根間往復大学駅伝競走』と言います。

大学ならどの大学でも出場できる、というわけではありません。

まず関東の大学で陸連に加盟していること。さらに

前回大会の上位10校はシード権といって出場権利を持っています。

後は予選会を行ってその上位10校が権利を獲得するのです。

どうやって上位10校を決めるかというとハーフマラソンのコースを

一斉に走り、各校上位10名の合計タイムで10チームを決定します。

なので走り終わった後も予選通過したかどうかわからないのです。

例年ですとステージ上に10位から発表されるのでそれを見ようと

各校の選手がひしめき合うのですが、さすがに今年は発表方法は

異なって、各校それぞれのテントで結果放送を待ちます。

約10カ月の結果がここに集約されるので本当にドキドキでしょうね。

さて、いよいよ本番が1月2日、3日なんですが、今回はなんと

新型コロナウイルス対策として無観客で行うとのこと。

いつも沿道で大勢が応援するのも風物詩ですが、

今回ばかりは自粛。。。大会は開催されるのでまだ良かったですね。

いつかはテレビ観戦ではなく、生で沿道で応援したいと思っています。

セレモニーコーディネーター

高橋

スタッフブログ 一覧へ戻る