Blog

3つの名月🌕🎑

2020/11/11 【神戸 結婚式場】 コスチューム

エスタシオン・デ・神戸のスタッフブログをご覧の皆様、こんにちは!

コスチュームコーディネーターの阪田です🥰

                                      

                                       

                                      

本日のブログは10月に見られた、二つの「名月」についてご紹介したいと思います😇

                                      

皆様は10月1日の中秋の名月、ご覧になりましたか?

実は、10月は中秋の名月だけでなく、十五夜と対をなす「十三夜」という月もあるんですよ💁

                                            

そもそも十五夜というのは、中国から日本に伝わった文化です👲🏻⛵

そしてもう一つの「十三夜」は中国にはない、日本独自の風習なんです🎌

                                       

                                      

十五夜は別名「芋名月🍠」とも呼ばれ、サトイモやサツマイモをお供えし、神様に作物の豊作のお願いをする日🙏

                                          

これに対して十三夜は別名「栗名月🌰」と呼ばれます

収穫祭のようなもので、秋に収穫した作物を供えて、神様に感謝する日です🌾🌾

                                     

この二つを合わせて「二夜の月」と言います🌕🌔

                                             

しかし、名月は実はこれだけではありません🤭

「十日夜(とおかんや)」という言葉を皆様ご存知でしょうか

                                      

十日夜は田に降りてきていた神様が、山に帰る日と言われており🗻

その年の収穫が終わった後に、今年の収穫が無事終わったことを感謝し

翌年の豊作を神様にお願いする日なんです✨

                                     

さらにさらに!古くから十五夜、十三夜、十日夜、この3つの月を見られるととても縁起がいいとされています😍

                                            

今年の十五夜は10月1日、十三夜は10月29日

この二つはもう見ることはできませんが、十日夜は11月24日に見ることができます😘

                                           

十五夜も十三夜も見ることができたラッキーな方は、ぜひ十日夜もお忘れなく♡

                                          

                                              

                                           

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!

スタッフブログ 一覧へ戻る