Blog

『アマビエ』の次は

2020/11/22 【その他】 セレモニーコーディネーター

セレモニーコーディネーターの高橋です。

いよいよ寒くなってきました。出身は神戸よりも寒い田舎ですが

やっぱり寒いのは苦手です。。。

さて、春頃『アマビエ』が流行りましたが、またそろそろ

何かの力を借りたいような感じに残念ながらなってきてます。。。

暗い話題が多いですが、明るくポストアマビエを探したいと思います。

『ヨゲンノトリ』山梨県立博物館のサイトにもあります、頭が二つある鳥。

江戸時代に朝夕仰いで信心すれば難を逃れることが出来る、

という予言があったとか。見た目はちょっと不気味ですね。

続いて『黄ぶな』 宇都宮の言い伝えです。これは天然痘が流行った時に

黄色いフナを食べて治癒した、という言い伝えです。よくわかりませんが

栄養のある物を食べた、ということでしょうか?

こっちの方が可愛げがあるような。。。

『角大師』東京は深大寺に祀られている元三大師(がんざんだいし)が

疫病が流行ったときに鬼の姿になって疫病神を退散した時の姿を

写したもので角大師(つのだいし)と呼ばれるお札です。

魔除けとして江戸時代にはよく家に貼られていたそうで、なるほど

これはご利益、効果がありそうです。

ちなみに元三大師はおみくじの創始者だそうです。。。

アマビエに勝るインパクトは中々無さそうですが、日本中、いや世界中の

厄除け、魔除けの神様、妖怪たちの力で何とかして欲しいものです。

もちろん感染対策はしっかりしましょう!!

セレモニーコーディネーター

高橋

スタッフブログ 一覧へ戻る