Blog

非現実的な

2020/11/26 【Close up エスタシオン】【その他】【フォトウェディング & 前撮り】 フォトグラファ

こんにちは!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

フォトグラファーの池田です。

 

海外で撮られた写真を見た時に、

何とも言えなく素敵な雰囲気と感じたことはないですか?✨

 

ロケーションがいいからとか

外国の方が綺麗だからとか

 

そう思った方も多いと思います。

 

まちがいではないのかもしれませんが、

それには理由があります。

 

それは色温度です。

色温度とは、太陽光や自然光、人工的な照明などの光源が発する光の色を

表すための尺度のことです。光源の温度や明るさとは関係ありません。

 

実は日本と海外では目で見える色温度が違います。

 

正確には日本でも場所や環境によってばらばらで、

朝から夜までに動いている場所でも違いがありますが、

それはその色(環境)に目が慣れて特に何も感じないのです。

 

 

例えば、普段見慣れない色。

夕日やイルミネーションを見た時、感動しますよね。

それは普段見慣れない色。非現実的だからです。

SNSなどにアップする時、写真を加工しますよね

 

何を言いたいかというと

私たちカメラマンが撮影をする時に、注意する事。

明るさや暗さを見るのは当たり前で、

実際、色温度には特に注意して、調整しながら写真を撮っています。

 

黄色っぽい場所、白っぽい場所。または青や赤など

調整せず撮影すると目で見ているより色がはっきりでます。

 

それをできるだけ色が被らないように

または、色をのせて幻想的に見せる✨

映画監督では好みの色をあえてのせて撮ってる人もいます🎬

 

デジタルにとって色温度というのはとても重要です。

 

なぜデジタルにとってと書いた理由は長くなるので

また別の機会に😅😅

 

これから冬に入っていきますが、

秋と冬とでも色温度は違います🍁⛄

 

皆さまも写真を撮る時、機会があれば試してみてくださいね。

 

 

本日もありがとうございました。

 

 

フォトグラファー 池田

スタッフブログ 一覧へ戻る