Blog

黒留袖のサイズとポイント

2020/11/29 【神戸 結婚式場】【衣裳 (costume)】 コスチューム

皆さん、こんにちは!

コスチュームコーディネーターの山添です( ^)o(^ )

 

今回は前回に引き続き、留袖の体型による柄の選び方

注意ポイントを紹介します。

 

標準体型よりもふくよかな方、背が高い方、背が低い方等

体型によって柄の入り方、サイズの選び方があります。

 

ふくよかな方はバストサイズ、ヒップサイズをチェックして

身幅(着物の横幅)を合わせて行きます。

着物を羽織って左右の見頃(右が下前、左が上前と言います)を

重ね合わせて、下前の端が体の左横まで届かないと着崩れの

原因になります。

裄(肩の中心から袖口までの長さ)も肩の丸みや胸の大きさが

関係しますので少し長めになります。

柄は全体に入っているものを選びましょう。

柄が少ないと余白(黒い部分)が多くなり、余計にふくよかさが

目立ってしまいます。

柄の配置は斜めに流れるように入っているのがお勧めです。

 

伸長の高い方は身丈(肩から裾までの長さ)と裄をチェックします。

身丈が短いと帯の下に「おはしょり」(帯の下の着物の折り返し部分)

を作る時に短いと品よく見えません。

伸長の高い方は比例して手の長い方が多いので、手首が出ないように

裄もチェックします。

柄の配置は余白が多くならないように少し高めの位置で

着映えする物を選びます。

 

小柄な方は裄と柄の配置に気をつけます。

袖が長くなりやすく、手の甲まで届く場合がありますので

裄は少し短めで、柄の配置も高さを抑えて柄も小柄の物を

選ぶ方がバランスが良いです。

 

以上が着物を選ぶ時のポイントです。

シンデレラではしっかりアドバイスをさせていただきますので

安心してお越しください。(^o^)/

 

 

 

スタッフブログ 一覧へ戻る