Blog

干支のお話し

2020/12/01 【その他】 セレモニーコーディネーター

セレモニーコーディネーターの高橋です。

いよいよ12月となりました。

干支で言うとネズミ年が終わって、来年はウシ年ですね。

干支は十二支で構成されていますが、皆さんご存知のとおり

猫は入っていませんね?

皆が思う疑問、ナゼ猫は入っていないのか?

干支に猫がいない理由は?

そもそも干支は中国発祥と言われていますね。紀元前17世紀とか11世紀とか

言われているのでムチャクチャ古いですね。

民衆にも暦をわからせる為に身近な動物を当てはめたと

言われていますが、大昔にはやはり中国には竜がいたんでしょうね。。。

(化石が発掘されていませんが、恐竜の化石と間違われているのでは?)

なので、今ではムチャクチャ身近な動物『猫』ですが、昔はそんなに

猫はメジャーではなかったのでしょう。

猫はどちらかというと中東、エジプトのイメージですね。

もしくは干支を決めた人が猫嫌いだったのかも。。。

ちなみにベトナムに行くと猫年があるそうです!!

(猫の代わりにいなくなったのはウサギです。)

そう考えると国ごとに十二支がマイナーチェンジされてるので

日本に伝わってきた時には猫は身近な動物だったので、

何か外して猫を入れても良かったのでは、と思いますが、

中国と全く一緒なのは変えるのが面倒だったのか、

干支を日本に広める人がやはり猫嫌いだったのか。。。

来年は丑年です。ウシは誠実さと粘り強さの象徴だそうです。

セレモニーコーディネーター

高橋

スタッフブログ 一覧へ戻る