Blog

冬はつとめて

2020/12/05 【神戸 結婚式場】 セレモニーコーディネーター

セレモニーコーディネーターの高橋です。

今と昔は何もかもずいぶん変わってしまっている、と思いがちですが

意外と昔から変わっていないものもありますね。

昔々、学校で古典を習っている時に思いました。

昔の人も今と同じようなことで、悩んだり、喜んだりしている

ということ。。。

タイトルの「冬はつとめて」は有名な枕草子の一文ですね。

一番有名なのは「春はあけぼの、、、」ですが、

個人的にインパクトが強かったのが「冬はつとめて」ですね。

「つとめて」の意味がわからなかったから印象に残った、という

こともありますが。

「つとめて」は早朝の意味ですね。

寒い!と思われるでしょうが、冬の早朝の寒さ、身が引き締まる

感じ、と何といっても空気が澄んで清々しいですね!

雪が降った後はなおよし、というふうなことが続いていたと

思いますが、昔の人も自分と同じように思っていた!という

感動があります。

寒くなってだんだん朝起きるのが辛くなりますが、

頑張って起きましょう!!

セレモニーコーディネーター

髙橋

スタッフブログ 一覧へ戻る