Blog

エントランスにある✨

2020/12/15 【Close up エスタシオン】【フォトウェディング & 前撮り】【神戸 結婚式場】【結婚式 (ceremony)】 フォトグラファ

こんにちは!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

フォトグラファーの池田です📸

 

 

 

本日はエスタシオン・デ・神戸にあるピアノのお話です。

 

ピアノとなると少しマニアックなジャンルにはなりますが、

音楽専門でなくとも誰もが見ても素晴らしいと感じるピアノ。

 

ゴールデンスタンウェイ

 

世界中のピアニストが一度は弾いてみたいと言われる、スタンウェイ社の

ピアノですが、その歴史は1853年にさかのぼります。

 

そんな歴史あるスタンウェイ社の「ゴ―ルデンスタンウェイ

エスタシオン・デ・神戸のエントランスホール中央に

まさに名前の通り輝いています。

 

 

エスタシオン・デ・神戸に保存されている「ゴールデン・スタインウェイ」は、
フランスの富豪が1893年初め、スタインウエイ社ロンドン支店に注文し、
自身が後援している(画家)リュシアン・シモネと(彫刻師)G・ブランニングハウゼンに
アートを依頼し、1894年7月27日スタインウエイ社ハンブルグ工場において完成。

 

その後家族と共にこのピアノを携えてアメリカに移り住み、子、孫と大
切に受け継ぐも近年使う人が居なくなり、このままではピアノが可愛想だから
愛好する人に譲りたいという思いから、100年以上もの間受け継がれた名器を、
エスタシオン・デ・神戸が譲り受けました。

 

来年には127歳になる現役のピアノです。

 

 

 

 

エスタシオン・デ・神戸では

エントランス挙式では実際に演奏もされ、

そしてフォトウェディング(前撮り)時には、こちらの前で撮影したいという

ご要望をたくさん受けます。

 

お二人の輝かしい瞬間と

華やかなドレス。

映画の主人公になったような

ここでしか撮れない最高の一枚になるのはまちがいないです。

 

結婚式やフォトウェディングでなくとも

エスタシオン・デ・神戸にお越しの際は

是非ご覧ください。

お待ちしております。

 

 

 

 

フォトグラファー 池田

スタッフブログ 一覧へ戻る