Blog

双六のお話し

2020/12/29 【神戸 結婚式場】 セレモニーコーディネーター

セレモニーコーディネーターの高橋です。

いよいよ年も押し迫ってきました。

年末、大晦日に向けては何だか急かされているような気がするのに

たった一晩あけて正月になるだけで時間、空気感がガラッと変わる気が

するのは私だけでしょうか?

そのお正月、普段と違うことが多い特別な日、というイメージですが、

お正月にだけする遊びってありますよね?

羽根つき、コマ回し、凧揚げ、かるた、など。。。

まぁいつやってもいいんでしょうけど何となくお正月の遊び、

という気がします。

あと、子どもの頃、雑誌の付録にあった『双六』も

よく兄弟、従兄弟とやっていましたね。

単純に双六といっても色々あるようで、私たちが一般的に想像するのは

人生ゲーム的な、誰が一番早くゴールできるか、という双六ですが、

他にも盤双六とかいうものがあって、それで賭け事が行われていた

ようです。

放送中の大河ドラマでも双六を賭け事として扱っていましたね。。。

ちなみに双六で使用するサイコロですが、このサイコロの『1』だけ

赤い色なのは何故かご存知でしょうか?

実は『理由はわからない』そうです。

・あるサイコロ製造会社が商品差別化のために赤くした

・日の丸をモチーフにした

・方角を示している

という3つが有力らしいですが。。。

わかりそうでわからない身近な疑問ですね。

セレモニーコーディネーター

高橋

スタッフブログ 一覧へ戻る