Blog

比翼

2021/02/08 【神戸 結婚式場】【衣裳 (costume)】 コスチューム

皆さん、こんにちは!

コスチュームコーディネーターの山添です( ^)o(^ )

 

本日は、黒留袖に付いています「比翼(ひよく)」の

お話しをいたします。

 

黒留袖とは、皆さんもよくご存じの既婚女性の最も格式の

高い第一礼装の着物です。

五つ紋が入った黒地の着物で、裾の部分におめでたい柄が

縫い合わせの上にも模様が続く絵羽模様が入っています。

 

では「比翼(ひよく)」は知っていますか?

知っている方は少ないかも知れませんが、着物と長襦袢の間に

もう一枚着物を着ているように見せる為の白い布の事です。

昔は重ね着が正式だったため、長襦袢(下着の役目)の上に

白い着物と黒留袖を二枚重ねて着ていました。

重ね着は「おめでたい事を重ねる」という意味で、お祝いの場に

ふさわしいとされていたので、結婚式に着る留袖に使われてきました。

しかし、着物を重ねて着ると暑さや重さで動きにくく不便なので

今は「比翼仕立て」という留袖に部分的に比翼をつけて利便性の

良い物になっていて、重ね着をしているように見えます。

レンタルの留袖はほとんど比翼仕立てです。

なので比翼の付いている着物は格式の高い着物という事です。

 

参考にしてくださいね!!!(^O^)/ 

 

 

 

スタッフブログ 一覧へ戻る