Blog

結婚記念日のお話し🎂

2021/03/23 【神戸 結婚式場】 コスチューム

皆さま、こんにちは😊
コスチュームコーディネーターの牛山です。


私事ですが、
先日、結婚11年目を迎えました👏🎶
昨年の10周年はコロナの序章のタイミング…。
旅行の予定は取りやめ、ステイホーム🏠


結婚10周年の記念日には「スイート10」といって、
一昔前(笑)ではTVCMなどで夫から妻へ「ダイヤモンド」をプレゼント🎁するみたいなのがありましたね😄
私はダイヤモンドの付いたピンキーリングをいただきました👏✨


左右どちらの小指にはめるか迷ったので、
夫に尋ねてみたところ、「右?」と言ったので、
右手の小指に💖


後から知ったのは
恋人や夫などからプレゼントでもらった場合、
右小指用なら「変わらぬ想い」という意味があるそうで、
左手用は「チャンスを逃さない」ということみたい☝
夫は意味を知っていたのだろうか…(笑)


毎年の結婚記念日に贈るものの名前が付いた
「○○婚式」というものがありますね。
金婚式、銀婚式は有名ですが、私は詳しくは知りませんでした😂💦
そして、この結婚記念日発祥の地はイギリスだとか☝✨


1年目は紙。
2年目は綿、3年目は革」…
10年目は「アルミ婚式」「錫婚式(すずこんしき)」と呼ばれ、アルミや錫(すず)でできたものを贈るそうですが…。
ジュエリー会社の戦略?
「スイート10ダイヤモンド」でダイヤモンドをプレゼントする風習が出来たのでしょうか😄??


20年目は「磁器婚式」「陶器婚式」
25年目は「銀婚式」、
30年目は「真珠婚式」
50年目は「金婚式」
そしてようやく60年目が「ダイヤモンド婚式」


私たちの60年目の結婚記念日は、
お互いに90歳を過ぎている…💧
ということで、早くにもらっておいて正解ですね👍✨


因みに、11年目の結婚記念日は鋼鉄婚式(こうてつこんしき)と呼ばれ、「鋼のように強い愛の力で結ばれて」という意味が込められているそうです!
フライパンとかを新しくしてみようかな(笑)✨


仕事も家庭生活も「初心忘るべからず!」
これからも頑張ります😄


本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました🍀



コスチュームコーディネーター
牛山 知子

スタッフブログ 一覧へ戻る