Blog

(続)檜の香りでお出迎え🌲🌲🌲

2021/05/07 【フォトウェディング & 前撮り】【神戸 結婚式場】【結婚式 (ceremony)】 セレモニーコーディネーター

みなさま、こんにちは!いつも、エスタシオン・デ・神戸スタッフブログをご覧頂き、ありがとうございます✨セレモニーコーディネーターの十川です☺️

先日のブログに引き続き、セレモニーコーディネーターとして、わたしが深く関わり、神前結婚式をご検討されている全ての方々に是非お勧めしたい『八尋殿』のお話しを!

『八尋殿』について、その中でもこだわりを感じさせる『御簾(みす)』について、ご紹介させていただきたいと思います🌲

御簾(みす)というのは、神社仏閣で用いる簾(すだれ)のことで、竹のひごを編んで、緞子(どんす)などで縁どったものをいいます。(緞子は、光沢のある豪華な紋織物で、八尋殿は朱色に金襴模様の織物になります✨)

昔から神社や仏閣などで、神様の領域と下界を隔てる結界として用いられてきました。高貴な場所や祭壇などが1枚の御簾を隔てることで、神聖な場所へ高められています!

エスタシオン・デ・神戸では、回廊や本殿(拝殿)に御簾がつるされており、『八尋殿』という神聖なご神前をお護りしております!

もちろん、ご神前挙式場としてだけではなく、フォトスポットとしても、素敵な雰囲気を演出いたしますので、是非とも、お写真をお納めいただけたらと思っております!スタッフ一同皆様のご来館心よりお待ちいたしております😊

スタッフブログ 一覧へ戻る