Blog

立てば芍薬

2021/05/11 【神戸 結婚式場】 セレモニーコーディネーター

セレモニーコーディネーターの高橋です。

変に寒い時期もありましたが、いよいよ夏に近づいてきましたね。

さて、立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花、とは

いつ、どなたが言い出されたのでしょうかね。

芍薬の見ごろとなる時期になってきましたね。

芍薬は牡丹と花はよく似ていますが、確かに地面から

『スッ』と立っているので

女性の美しい立ち姿に例えられるのも頷けます。

ちなみに牡丹は『木』で芍薬は『草』なんだそうです。

、、、牡丹は『木』なのに、「座れば牡丹、」なんですね、、、

同じボタン科の植物ですが、他にも決定的?な違いがあります。

それは香りです。

どちらもよく似たゴージャスな花でさぞかし良い香りが

するだろう、と思うのですが、牡丹には基本香りがありません。

対して芍薬はバラのような香りがしますね。

それ以外の違いとして開花時期も芍薬の方が遅い、

今頃が見ごろとなっております。

私の田舎にも芍薬が咲いております。

とっても甘い香りがしますよ!

セレモニーコーディネーター

高橋

スタッフブログ 一覧へ戻る