Blog

雨にある詩情

2021/05/17 【神戸 結婚式場】 セレモニーコーディネーター

セレモニーコーディネーターの高橋です。

梅雨入りをしてしまいまして。。。

これは我々というか業界全体にとってですが、

ブライダルにとって雨は良くないですね。。。

結婚式の日に雨を願う方はまずいらっしゃらないでしょうし、

結婚式当日でなくても写真撮影の予定日とか、

ブライダルのイベント時に雨は降って欲しくないものです。

まぁ、しかしこればっかりは時の運と思ってあきらめるしかありませんね。

 個人的には雨は嫌いではありません。

(もちろん時と場合によりますが)

恵みの雨とも言われますし、ちょっと落ち着きますね。

なんなら少し風情があるとも言えます。

ここでご紹介したいのが雨にまつわる絵、浮世絵です。

そう聞いてパッと思いつく方もいらっしゃると思いますが

歌川広重の『名所江戸百景 大はしあたけの夕立』のことです。

大雨の中、人々が橋を渡っている絵です。

絵画、芸術全般詳しくありませんが、

西洋ではあまり雨の描写が無かったようで凄く影響を与えたそうです。

この絵のように大雨にならないことを祈りながら、

詩情に耽る雨の日も良いかもしれません。

セレモニーコーディネーター

高橋

スタッフブログ 一覧へ戻る