Blog

ウェディング&ブライダル

2021/05/27 【神戸 結婚式場】 セレモニーコーディネーター

セレモニーコーディネーターの高橋です。

さて、ウェディングとブライダル、どちらも同じような意味で

同じように使われていると感じませんか?

何となく違うような気がする、とも思いますよね。

ずばりWEEDINGは『結婚式』のことで

BRIDALは本来『花嫁の』らしいですよ!

BRIDALはその意味を広げて結婚関連全般に使われていますね。

私のイメージとしてはWEEDINGが儀式としての結婚式を指すのに対し、

BRIDALの方がそれを含んだもっと色々な物、という広い意味に感じます。

ブライダルフェアとかブライダルエステとか。

WEEDINGはウェデイングドレスとかウェディングケーキとか、式当日に

直接使う、関連するものを指すような気がしますね。

(あくまでも個人のイメージです)

ちなみに英語で新婦は『BRIDE』ですね。これに『ALE』(エール、お酒ですね)を

合わせたのが『BRIDAL』だそうです。ALEの管理をBRIDEが任されていたからとか。

ALEはビールのことですがビールにはALEとLAGERがあって、、、と言い出すと

話が違う方向に逸れますので。。。

では新郎の『GROOM』の語源も気になりますね。これは古い英語の

guma(人間、男)から来ているそうです。。。あんまりよくわかりませんが。

さて、ブライダルとウェディングに話を戻すと

ブライダル業界と言うほうがウェデイング業界と言うよりも

一般的で、よく使われている印象です。

何となく気になっていた事もこうして調べてみると

新しい発見につながりました。

皆さんはご存知でしたでしょうか?

セレモニーコーディネーター

高橋

スタッフブログ 一覧へ戻る