Blog

✾涼やかな楓✾

2021/06/12 【神戸 結婚式場】 フラワー アーティスト

過ごしやすい温度の日が続いてますね✨

 

こんな日は山や木々の生い茂った場所へ

爽やかな風に吹かれながら出かけたくなります🌲

 

 

こんにちは!

フラワーコーディネーターの松ヶ枝です(*´∀`*)❁

 

 

 

 

今回はエントランスホールの円卓に

【楓】の枝をシンボルツリーとして生けました。

 

 

 

 

 

『何か涼しそうな枝がほしいな♥』と言う

物凄くアバウトなオーダーでやって来てくれたのが

今回のふさふさな楓の枝たち🍁

 

 

 

 

 

私の中では【楓】といえば秋の紅葉したイメージが

とっても強かったのですが、納品された時に

めっちゃ夏っぽいやん〜ヮ(゚д゚)ォ!ってなりました(笑)

 

 

そういえば、水羊羹とかそうめんとかの

夏ならではな食べ物とかと一緒に

写真撮られてたりしてたなぁと印象が一気に夏に🎐

 

 

 

 

苔むした日本庭園や渓流などに

【楓】の青々とした枝が映えますよね✨

 

 

 

 

マイナスイオンを振り撒くような

涼やかなアレンジにしたかった今回には

ピッタリな枝ものだったなぁと改めて思います✨

 

 

 

 

【楓】の花言葉は

「大切な思い出」「美しい変化」

 

 

【楓】の語源は「蛙手(かえるで)」で、

葉に水かきのような切れ込みがあり、

カエルの手に似ていることに由来しています。

 

 

それと、『モミジ』と呼ぶ方もいらっしゃいますが

日本独特の呼び方なんだそうです🍁

 

『モミジ』は漢字で書くと『紅葉』であり、

紅葉(コウヨウ)する葉を持つ木々の事を総称します。

 

属性としては、もみじ属というものは無いようなので

私はカエデ属だし【楓🍁】で話すようにしています。

 

 

でも、一般的には『モミジ』と言えば【楓】なので

伝わるなら無理に使わなくても良いと思いますよ!

 

 

 

しばらくの間、エントランスホールで涼感を

たっぷりと振り撒いてくれるので、

青々とした枝ぶりをご満喫下さい(*´ω`*)ノシ

 

 

 

 

 

 

フラワーコーディネーター

松ヶ枝 浩子

スタッフブログ 一覧へ戻る