Blog

✾取扱っている花材✾

2021/06/14 【神戸 結婚式場】 フラワー アーティスト

いつもご覧頂き誠にありがとうございます✨
フラワーコーディネーターの松ヶ枝です(´∀`)❁

 

 
先日、久々にプリザーブドフラワーをたっぷり使ったブーケを
オーダーで作らせて頂いたんですが、
そう言えば扱っている花材たちについて
しっかりと花材のご説明はした事がなかったかなぁと
ふいに思いいたりましたので、
今回は詳しく4種類のメリット・デメリットを
説明しようかなと思います!

 
私の主観や経験からの主な印象を正直に書くので、違う意見の方が

いらっしゃったらすみません💦

 

 

 
まずは

 
◎生花◎

 
《GoodPoint》
フレッシュで瑞々しい生命力ある輝きを放つ唯一無二な花材です。
多種多様な植物を使って様々なタイプを作り出すことが可能ですので、自然の美と力強さをたっぷりと感じる事ができるかと思います。

 
《BadPoint》
水が切れたり暑さに弱りやすいのと、その年の天候に左右されたり旬が過ぎると仕入れが困難な場合があります。
花によっては長持ちもしますし、手入れのされ方で花保ちは変わりますが、命あるものなので、美しい期間は約1週間ほどです。

 
限りある儚い命ですが、だからこその一瞬の輝きを一番感じていただけるかと思います。

 

 

 
◎アーティフィシャルフラワー(造花)◎

 

 
《GoodPoint》
経年劣化に強く、頑丈で虫もつかないので海外などへも持ち出しが安全かつ容易に可能です。
近頃はドライ風の加工や自然では絶対にありえない大きさや色の物まで幅広く商品展開されているので、一番自由な創作が可能な花材です。

 
《BadPoint》
繊細な花の作りは、まだ生花には及びません。
高品質の造花を使用しなければ、プラスチックや布感が強くなってしまうので、全体のクオリティーが悪くなります。

 
高品質の造花はリアリティがあるので、弱りやすい生花の代わりに部分的に使用したり、逆に繊細な花材は別の花材で補ってあげるといいかと思います。

 

 

 
◎ドライフラワー◎

 

 
《GoodPoint》
生花を乾燥させた物なので、落ち着いたアンティーク調なカラーで大人っぽいテイストが特徴です。
生花よりは長く楽しんで頂けるかと思います。

 
《BadPoint》
乾燥させただけなので、衝撃には一番弱いです。
保管場所によっては、カビてしまったり虫が発生したりするので、海外への持ち出しは検疫で止められる可能性が高いです。
経年劣化が著しく、3ヶ月ほどで変色します。

 
サンドカラーへ変化する過程も楽しめる方でしたら、自分の許す限り飾れます✨
色の変化が嫌な場合は、あまり濃い色を使わなければ見た目の変化が少ないのでオススメです。

 

 

 
◎プリザーブドフラワー◎

 

 
《GoodPoint》
水の代わりに特殊な液体を入れて加工された花で、美しい色をそのまま残して長く楽しめます。
着色する事も可能で、多くのカラーが展開されていますので、生花よりも色の組み合わせのバリエーションは楽しみやすいです。

 
《BadPoint》
色は豊富ですが花の種類が少ないので、複雑なデザインは作りにくいです。 
花弁は生花やドライフラワーよりも薄く繊細で、破れたり折れてしまったりしやすいので取り扱いにはご注意を。
濃く着色されたモノは色移りする可能性が高いので、その点でもドレスや薄いカラーの衣服などにはご注意下さい。
経年劣化をしない訳ではいので、ドライフラワーと同様、高温多湿で直射日光に当てるなどの劣悪な保存環境の場合は短命です。

 
生花よりも安全に、造花よりも繊細な雰囲気を出したいと悩まれた方は、部分的に他の花材で補いながら作りましょう✨

 

 


それぞれに長所と短所がありますので、どれが1番!とは

言い切れないのですが、一番長持ちするのは

 
No.1 アーティフィシャルフラワー(造花)
No.2 ブリザーブドフラワー
No.3 ドライフラワー
No.4 生花

 
やっぱり造花以外は生花が原料なので、
カビや虫、経年劣化はどうしても免れません。

 

 
また、生花の中には数時間もしない間に弱ってしまうモノや
大きく開き過ぎてだらしなくなってしまったりと
生き物ゆえの変化が発生する種類も多いので、
そこだけ造花を使って長時間の美しさを維持したりと
使用スケジュールに合わせて配慮したりも致します。

 

 
使用するシーンや飾る場所に合わせてベストな花材選びを
ご提案できたらと思いますので、
お悩みの際はご相談下さいませ(´ω`)ノシ✨

 

 


皆様にお会い出来るのを楽しみにしております!

 

 

 

 

 


フラワーコーディネーター
松ヶ枝 浩子

スタッフブログ 一覧へ戻る