Blog

今日は☀️

2021/06/21 【神戸 結婚式場】 ウェディング コーディネーター

昨日は父の日でしたね。
お父様にプレゼントされた方、お子さまや奥様からプレゼントをもらった方も多いのでは。

ウエディングコーディネーターの長谷川です。

ご結婚式でも このシーズンは感謝を込めてプレゼントのシーンを演出で取り入れる方も多いです✨🎁✨

普段 直接感謝を伝えるのはなんか照れくさいですしね。

そして今日は…
『夏至』

とってもいい天気で 夕焼けも綺麗でした✨
この日射しが明日からまた少しずつ短くなっていくんですね。
まだまだ夏はこれからなのにもう日が短くなってくるなんて何だか不思議な感じがするのは私だけでしょうか?
日照時間と暑さは 一概に比例しないということですね。暑さはきっと陽の高さとかも関係するんですよね。
大昔 理科でならったような気もするのですが(^^;

あらためて『夏至』について調べてみたところ
夏至という名前は、二十四節気(にじゅうしせっき)という中国の古い暦から来ているそうです。
「昼の時間が長い」というのは北半球での話で、南半球では同じ日が、もっとも昼の時間が短い日に。
やっぱり地球は丸いんですね🌎️

同じ日本でも、緯度によって微妙に変わるとか。
例えば東京(緯度35度)だと、夏至の日の昼は14時間34分。札幌(緯度43度)では15時間23分。北へ行くほど長くなります。結構違いますね(*_*)

そして
逆にもっとも夜が長い日が冬至。
2021年の冬至は、12月22日(水)

1年を24等分して、夏至・冬至の中間の日(昼と夜の長さが同じ日)を春分・秋分。
夏至、冬至、春分、秋分という4日間の、さらに中間が、立春(りっしゅん)、立夏(りっか)、立秋(りっしゅう)、立冬(りっとう)。

二十四節気は中国で生まれた暦のため、ネーミングの季節感が日本とは微妙に違う部分がありますが、四季のある国ならではですね。

暑さに負けず 昔から続く暦を調べたりしながら
夏を満喫したいと思います(^-^)

みなさまも熱中症などにも気を付けてお過ごし下さいね(^-^)/

スタッフブログ 一覧へ戻る