Blog

檜木の香り🌲⛩ 

2021/06/26 【神戸 結婚式場】【結婚式 (ceremony)】 セレモニーコーディネーター

みなさま、こんにちは!いつも、エスタシオン・デ・神戸スタッフブログをご覧頂き、ありがとうございます✨セレモニーコーディネーターの十川です☺️

新郎様新婦様にとって、結婚という結びつきの中で、本当に大切にして欲しいのが、『挙式(結婚式・セレモニー)』です。これは、私達エスタシオン・デ・神戸が、ずっと大事にしている考え方!挙式に重きを置き、こだわりがあるからこそ、ご結婚式をされる場所は、いずれの挙式場も本物であるとお話ししています…

淡路島の伊弉諾(いざなぎ)神宮のご分霊を祀る由緒正しい神殿「八尋殿」で『厳粛な雰囲気が漂う総檜造りの神殿で愛の誓いを』というお話しを、私達スタッフは新郎様新婦様に対して必ずしていると思います。

ではそこで、何故『八尋殿』は、総檜造り(そうひのきづくり)なのでしょうか?檜は腐りにくく、建物が長持ちするという事だけが理由ではなく、本物だからこその理由が、『古事記・日本書紀』に記される、日本の神話🗾に有りました🤔

八尋殿にご分霊が祀られている『伊弉諾大御神・伊奘冉大御神』に起源を持つ、木の神であるスサノオ(建速須佐之男命(タケハヤスサノオノミコト))が、自らの身体の一部から、様々な種類の木を生み出し、それぞれの使い方を定めたという記述が『日本書紀』にあるそうです🌲🌳

杉と樟(クスノキ)は、船造りに

檜(ヒノキ)は、宮造りに(神社・仏閣)

槙(マキ・コズエ)は、国の民の棺造りに

この様に記されていることから、古から神社・仏閣は『檜の白木造り』が正式な形となり、現代まで脈々と続いています⛩

とても良い檜木の香りに包まれた『八尋殿』は、全てに於いて伊弉諾大御神様・伊奘冉大御神様に護られた神前結婚式場です!

是非お越し頂いた際は、神前式『八尋殿』もご検討されてはいかがでしょうか?

ブライダルフェアのご予約はこちら

スタッフブログ 一覧へ戻る